不動産の売買契約を結ぶ場所はどこ?不動産会社以外で行う注意点について

不動産のこと

福田 善行

筆者 福田 善行

不動産キャリア17年

【不動産】家を売るとき買うときはFReeYへ!

不動産の売買は売主と買主の双方と不動産会社の三者立ち会いの元、契約書を締結することが大原則となっています。

 

一見、単純に思える手続き作業ですが、遠方での売買や現地での立ち会いが難しい場合であれば契約を結ぶ場所に困ることは少なくありません。

 

また、契約を結ぶ場所によって、住宅売買のクーリングオフに関する内容が大きくかかわることも重要なポイントです。

 

売買では、些細な行動が後々大きな落とし穴や重要な判断となってしまいますので、気を付ける必要があります。

 

今回は、売買契約を結ぶ場所について解説いたします。


不動産会社の事務所で売買契約を締結


不動産会社の事務所で売買契約


売買契約を結ぶ場所として最も一般的なのが、不動産会社の事務所です。

 

専門的な知識・情報を用意できる不動産会社の事務所であれば様々な問題点の対処が素早く出来ます。

 

売り手が不動産会社の場合や不動産業者が仲介している場合であっても、三者を立ち合わせるには無難な選択と言えるでしょう。

 

より契約をスムーズに進めたい方にとってもおすすめですね。

 

また、事務所の他にもモデルルームや展示場などで物件を確かめた後、そのまま契約を結ぶ方も多いようです。

 

一方、遠方で売買を行う場合、買主や売主が現地で立ち会う事が難しいケースも多々あります。

 

その場合は、売買契約書を三者間で郵送しあう方法や司法書士に代理を依頼する方法などが一般的です。

 

どちらにせよ、現地の販売事務所で契約を締結する可能性は高いでしょう。


不動産会社の事務所以外で売買契約を締結するは?

 


不動産会社の事務所やモデルルームなどで契約を結ぶケースが多い不動産売買ですが、一方で不動産と関係のない場所で契約書にサインする事もあります。

 

「喫茶店で待ち合わせをしたついでに、そのまま契約書にサインをした」「都合が合わなかったので自宅で契約を結んだ」など、何らかの理由で、事務所以外で売買契約を締結する場合もあるでしょう。

 

実は、事務所以外で契約を結んだ場合にはクーリングオフを適用できる嬉しいメリットもあります。

 

契約した後から消費者がその契約を解除できるクーリングオフ制度なら、支払った申込金、手付金等は返還されますし、違約金のリスクもありません。

 

また、申込期限としましては、契約日ではなくクーリングオフについて書面で知らされた日から起算して8日以内となっていますのでご注意ください。


まとめ

 

不動産の売買契約について解説しました。

 

株式会社FReeY(フリー)では、不動産の売買に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問合せください


株式会社FReeY


社名:株式会社FReeY(フリー)

代表者名:福田 善行

所在地:〒669-1514

兵庫県三田市川除140 

E-Mail:free-dom@freey.co.jp

TEL:079-562-3390

FAX:079-562-3391

営業時間:09:00~18:00

事業内容:不動産仲介業(売買、賃貸)、不動産管理、戸建・宅地分譲事業、不動産コンサルティング、リフォーム・リノベーション事業、各種保険

自動車関連事業(新車・中古車販売、買取等)

定休日:水曜日


”不動産のこと”おすすめ記事

  • 不動産売却にはどんな詐欺の手口がある?対策や相談窓口を解説!の画像

    不動産売却にはどんな詐欺の手口がある?対策や相談窓口を解説!

    不動産のこと

  • 不動産売却でよくある悩みは?不安を解消するための解決方法をご紹介の画像

    不動産売却でよくある悩みは?不安を解消するための解決方法をご紹介

    不動産のこと

  • 不動産を割賦販売で売却する方法はある?メリット・デメリットを解説!の画像

    不動産を割賦販売で売却する方法はある?メリット・デメリットを解説!

    不動産のこと

  • 不動産売却のセカンドオピニオンとは?必要性やおすすめの人についての画像

    不動産売却のセカンドオピニオンとは?必要性やおすすめの人について

    不動産のこと

  • 外国人に不動産売却をするケースが増えている理由!メリットや流れについての画像

    外国人に不動産売却をするケースが増えている理由!メリットや流れについて

    不動産のこと

  • 空き家の新しい活用方法!「空き家アート」のメリットや事例について解説の画像

    空き家の新しい活用方法!「空き家アート」のメリットや事例について解説

    不動産のこと

もっと見る

トップへ戻る