空き家のレンタルスペースとはなにか?活用方法や注意点を解説の画像

空き家のレンタルスペースとはなにか?活用方法や注意点を解説

不動産のこと

空き家のレンタルスペースとはなにか?活用方法や注意点を解説

空き家を所有していて活用したい方にとって、詳しく知らないことが多いでしょう。
一室を貸し出すのをイメージする方が多いですが、活用方法は多種多様です。
そこで本記事では、空き家のレンタルスペースとは何かを解説します。
合わせて活用方法や注意点なども解説するので、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家のレンタルスペースとはなにか

空き家のレンタルスペースとはなにか

まずは空き家のレンタルスペースについて、基礎知識を把握しておきましょう。
文字通りスペースをレンタルすることですが、提供する範囲が幅広いです。

概要

レンタルスペースとは、空いたスペースをレンタルとして貸し出すことです。
空き家に限らず、オフィスの一角やビル、マンションなども該当します。
使わないで放置している状態であれば、多目的に利用したい方に向けて貸し出すサービスを提供すると有効に活用できるでしょう。
地方の人口減少問題の解決に効果的で、地方創生のために地域社会が活性する可能性があります。

提供されている形態

レンタルスペースは時間貸しの形態が一般的で、1時間1,000円ほどの料金体制です。
貸し出しは居住用や事務所用の使い方があり、期間は1か月で設けている所が多くあります。
使われていない資産を有効活用することで、何もない空間でも利用価値があるでしょう。
たとえば外に駐車場のスペースがあれば、有料パーキングを探さなくても車を置けます。
このような物やサービスを多くの方と交換・共有できる、シェアリングエコノミーの考え方は重要です。
シェアリングエコノミーのうちレンタルスペースを活用する2025年の経済効果は、国内の消費や投資、インバウンドで12.3兆円になると言われています。

レンタルルームとの違い

似たような呼び方でレンタルルームがありますが、大きな違いはありません。
貸し出しするのがスペースかルームかの違いで、レンタルルームは一室として取り扱われます。
該当するのはマンションやアパート、オフィスなどの一室などです。
対してスペースは一室のように区切られているケースもあれば、区切られていないケースもあります。
レンタルスペースは広義、レンタルルームは狭義をイメージするとわかりやすいでしょう。

空き家のレンタルスペースの活用方法

空き家のレンタルスペースの活用方法

空き家をレンタルスペースとして利用するとき、どのような活用方法があるのでしょうか。
アイデア次第でさまざまな活用方法が考えられますが、本記事では3つご紹介します。

ギャラリー

ギャラリーは工芸品や絵画などを展示するもので、土日に披露するケースが多い傾向です。
作品があるけど展示する場所を探しているターゲットに向けて貸し出すのが理想で、交通機関に近いエリアが好ましいでしょう。
室内も展示用にいくつかテーブルを用意しておくと、展示物が置きやすくなります。

ワークショップ

ワークショップとして活用する方法もあり、住民同士が触れ合う機会が広がります。
ターゲット層は子どもや高齢者まで幅広く、企画次第で活動できる場となるでしょう。
カフェや集会場など、人が集まる場所を作れば過疎地による人口減少を防げるカギになる可能性があります。
実際に楽しい街づくりを復活させるために、個人だけではなくNPO団体も動いている状況です。
企画が跳ねて成功したコミュニティスペースが出来上がれば、次回も人が集まって勾留が深まるでしょう。

ハウススタジオ

ハウススタジオは空き家を撮影場所として貸し出すことで、コスプレやドラマの撮影ができます。
撮影の用途に合わせて貸し出しができるので、幅広く対応できるでしょう。
飲食ありの規定にしておけば、撮影以外に食事会としても活用できます。

空き家をレンタルスペースにするときの注意点やデメリット

空き家をレンタルスペースにするときの注意点やデメリット

空き家をレンタルスペースにするとき、いくつかの注意点やデメリットを知っておく必要があります。
利用客や自分の負担を軽減するために、対策を事前にしておくと良いでしょう。

集客して認知してもらう必要がある

レンタルスペースは利用者がいないと活用してもらえないので、集客して認知してもらう必要があります。
誰にも見つけてもらえない状態が続かないように、どのような導線を作るか決めましょう。
集客方法は無料でできて、今日からでも始められます。
たとえばSNSの集客で、時間がかかりますがコンテンツを充実させると認知してもらう可能性が高いです。
InstagramやTwitterは画像の挿入と文章の作成のみなので、初めての方でも簡単でしょう。
YouTubeになると空き家のイメージが伝わりますが、動画編集の技術が必要になります。
有料の集客になると動画編集の充実で、機材の準備や編集用のパソコンなどを用意するのがおすすめです。
編集環境を整えるだけでも多くのお金を使用するので、ドメイン代とサーバー代で始められる自社サイト作りも良いでしょう。
ホームページ作りに慣れていれば簡単に作成できますが、初めての方は難しく感じやすいです。
一度予約ページまで誘導するサイトを完成させてしまえば、自分から営業しなくても勝手に集客ができます。

セキュリティには気を付ける

空き家には適正な管理が必要で、セキュリティ対策をしておかなければなりません。
家の中に家財が揃っていると、不審者が侵入して被害に遭う可能性があります。
また、レンタルで利用した方と鍵の受け渡しをする際、紛失や盗難のリスクも考えられるでしょう。
従来は郵便ポストやキーボックスで受け渡しする方法がありますが、現代ではスマートロックがおすすめです。
遠隔でも操作ができるので、いつでもどこでも施錠ができます。
新しい鍵穴や鍵を変えようとすると多額の費用がかかるので、スマートロックは便利でお得な機能です。

利用者が清掃しているか確認する

レンタルで貸し出しているといっても、利用者がきちんと清掃しているとは限りません。
完璧に清掃して去る利用者もいれば、室内が散乱している状態で去る利用者もいます。
規約があれば問題ないと考えていても、読まずに清掃を忘れる方がいて効果が期待できないでしょう。
レンタルスペースを貸し出すときは、次の利用者が気持ちよく使えるようにチェックしてくのが重要です。
空き家が遠方にあって管理が難しい方は、清掃員に依頼すると管理をしてくれます。

予約から決済までの流れに問題がないか確認する

利用希望者が予約をしたいとき、システムが完備されていないと成約までいきません。
予約管理ができないまま受け付けてしまうと、利用者に迷惑がかかります。
また、決済方法を柔軟に対応すれば、ストレスなく申し込んでくれるでしょう。
従来は現金のみでも問題ありませんでしたが、現代では電子マネーやクレジットカード決済に対応できるようにしてください。
金額は高額にすると利用客が気軽に利用しにくいので、他のレンタルスペースを見てから相場の価格に設定する方法がおすすめです。
広さや立地、設備などで付加価値が付きますが、安価になる工夫をしておくと良いでしょう。
ただし、安価にしすぎると管理や清掃に費用がかかり、利益が増えない可能性があります。

まとめ

空き家をレンタルスペースにするときは時間貸しの形態が一般的で、居住用や事務所用の使い方があります。
ギャラリーやワークショップ、ハウススタジオなど活用方法が豊富にあり、どれが適しているかをイメージしておくと良いでしょう。
集客やセキュリティの課題があるので、気持ちよく利用してもらえるために準備や管理が大切です。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
【FReeYで家を売る時の流れ】





社名:株式会社FReeY(フリー)

代表者名:福田 善行

所在地:〒669-1514

兵庫県三田市川除140番地

E-Mail:free-dom@freey.co.jp

TEL:079-562-3390

FAX:079-562-3391

営業時間:09:00~21:00

事業内容:不動産仲介業(売買、賃貸)、不動産管理、戸建・宅地分譲事業、不動産コンサルティング、リフォーム・リノベーション事業、各種保険

自動車関連事業(新車・中古車販売、買取等)

カフェ店舗(FReeY Cafe)

定休日:水曜日

”不動産のこと”おすすめ記事

  • 不動産売却時に必要な「登記簿謄本」とは?取得方法や見方も解説!の画像

    不動産売却時に必要な「登記簿謄本」とは?取得方法や見方も解説!

  • 賃貸併用住宅は売却しにくい?売却のコツを解説の画像

    賃貸併用住宅は売却しにくい?売却のコツを解説

  • 相続でもめる原因の1つ「寄与分」とは?特別寄与料についてもご紹介の画像

    相続でもめる原因の1つ「寄与分」とは?特別寄与料についてもご紹介

  • 「相続欠格」になるとどうなる?相続廃除との違いも解説の画像

    「相続欠格」になるとどうなる?相続廃除との違いも解説

  • 転勤時のマイホーム管理に最適な選択肢は?売却・賃貸・単身赴任についての画像

    転勤時のマイホーム管理に最適な選択肢は?売却・賃貸・単身赴任について

  • 介護が必要な親の不動産売却について!説得方法や売却時のポイントを解説の画像

    介護が必要な親の不動産売却について!説得方法や売却時のポイントを解説

もっと見る