不動産売却で訪問査定するメリットとは?机上査定との違いや事前準備を解説

不動産のこと

福田 善行

筆者 福田 善行

不動産キャリア17年

【不動産】家を売るとき買うときはFReeYへ!

不動産売却で訪問査定するメリットとは?机上査定との違いや事前準備を解説

不動産売却で訪問不動産売却を検討しているけれども、所有している物件はどのくらいの価値があるのか、売却できるのか不安に感じるお客様が多いです。
不動産会社へ訪問査定を依頼すれば、売却価格の目安がわかるでしょう。
今回は訪問査定とはなにか、メリットとデメリットを確認しながら、他の査定方法とどのように異なるのかを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時の訪問査定とは

不動産売却時の訪問査定とは

不動産を売る際に、現時点で所有している物件がどのくらいの価値があるかを知るのに、不動産会社へ査定してもらうのが一般的です。
査定には訪問査定と机上査定の2種類がありますので、それぞれの違いを理解している必要があるでしょう。

訪問査定とは

実査定とも呼ばれており、不動産会社が直接家を訪問し、部屋の隅々まで建物の状況を調査して査定する方法となります。
法務局・行政局が定めた規定をもとに物件を見ていくので、ほかの査定方法よりも詳しく調査します。
ライフラインの状況確認や周辺環境など、データだけでは確認できないところを細かくチェックするでしょう。
一戸建ての査定では外壁、マンションであれば共有スペース、土地であれば形状も査定時に評価される項目です。
ほかの査定では査定しきれない物件のプラスとマイナスの要因が加味されるので、正確な査定額が算出できるのが特徴となります。
直近で不動産売却したい方の多くが利用しています。
訪問で査定してもらうときは料金がかかるのではと不安を抱くお客様がいますが、無料で査定が可能です。
無料で査定できる理由として、不動産会社からすれば査定をきっかけに売買契約を結べる可能性があり、契約締結後に仲介手数料として利益が入るシステムだからです。

机上査定とは

訪問での査定と異なり、データだけで査定する方法が机上査定です。
これまでの成約価格や現在販売している物件状況、公的価格、景気の動向などから査定価格を算出していくのが特徴です。
物件の事情を考えずに査定金額を計算するので、査定結果と実際の売却価格とで差が生じやすいデメリットがあります。
しかし、不動産会社の調査員が家を訪問することなく価格が算出できるので、依頼したタイミングが合えば当日から3日以内で結果がわかります。
注意点として、売却時は必ず訪問での査定を受けなければならないです。
売却を決めている方が机上査定した場合、後日訪問査定の依頼をしなければなりませんから、二度手間となるでしょう。
不動産売却するか決めかねており、おおよその金額を知りたい方には机上査定がおすすめの方法となります。

不動産売却時に訪問査定するメリットとデメリットとは

不動産売却時に訪問査定するメリットとデメリットとは

訪問査定と机上査定の特徴を述べましたが、それぞれ利点と欠点があります。
メリットとデメリットを理解することで、いざ査定する際に訪問して査定する方法が向いているのかどうかがわかります。

査定価格の精度が高い

データでわかる情報にくわえて、業者が直接物件の状態を目視し、周辺環境などを把握したうえで査定額を提示します。
机上査定よりも精度が高いのが、メリットとしてあげられます。
たとえば土地や中古物件では、机上査定だと不動産に価値があるのかどうかを判断するデータが少ないです。
外壁や室内の劣化状況や日当たり、騒音、においなどは現地に行くことでわかる情報が確認できるため査定価格にきちんと反映されるでしょう。
実際に不動産の目の前にある道路状況で、家を建て直せないという事例はよく見られます。
さらに、土地の境界が明確に定まっていないのが原因で隣接した家とトラブルになる事例もありますから、境界標を調べるにも訪問での査定が大切となります。

不動産会社のスタッフと直接話せる

不動産会社の担当スタッフと直接対面して査定を進めていくので、不動産会社がどのような対応をするのか直接確認できます。
査定してもらった業者が、実際に取引をお願いするケースはよくあります。
不動産会社を選ぶうえで、担当者と直接話ができる良い機会でしょう。
査定価格がわかったあとは、査定価格の根拠やいつまでに売れると見越しているのかを聞くと良いでしょう。
ほかの不動産会社よりも関心をもってもらう目的で、わざと相場価格より高く提示する会社もあるので、根拠が明示している会社であれば信頼できる会社と言えます。
反対に根拠をきちんと説明のない会社は注意しましょう。

査定結果が出るのに時間がかかる

訪問査定では、不動産会社によって結果に時間を要する場合があるのがデメリットです。
たとえば、査定後にその場で価格を口頭で伝えられて、後ほど査定書が送付されるケースもあるでしょう。
通常は4日から7日程度で結果がわかりますが、役所から追加で物件調査が必要なケースですとさらに時間がかかります。
また、不動産会社と都合が合わなければさらに日数を要しますので、スケジュールに余裕をもって査定依頼するのがおすすめです。

不動産売却で訪問査定する際の事前準備とは

不動産売却で訪問査定する際の事前準備とは

机上査定では基本的な情報を入力するだけでほとんど手間はかかりませんが、訪問査定は査定前の準備が大切となります。
正しい査定結果となるように、査定前の準備は徹底しましょう。

必要書類の用意

査定する際に必要な書類がいくつかあります。
詳細な情報を提供すれば、査定額が正確となり、高評価をもらえる可能性もあります。
不動産会社によって必要な書類が異なる場合がありますが、代表的なものとして固定資産税納税通知書、建物の図面、登記簿謄本あるいは権利証などです。
固定資産税納税通知書は、固定資産税をどのくらい納めたのかが書かれており、納税額の調査や登録免許税の確認に必要な書類です。
家の間取りや部屋の広さが記載されている間取り図があれば用意しましょう。
登記簿謄本や権利証は登録された名義人が不動産の所有者であるのを示す重要な書類となります。
売却時に必要な書類ですから、売却を考えているお客様は査定時に用意しておくと、今後の流れがスムーズに進むでしょう。

建物内の清掃

査定価格を高くするためには部屋全体の掃除が重要です。
掃除が行き届いているかは査定項目に入らないと思いますが、担当者から好印象を与えるでしょう。
また、売却活動を進めていく際に物件の内覧がありますから、内覧に備えて丁寧に掃除しておくと、内覧直前で焦る心配がなくなります。
なかでも玄関や水回り、バルコニーは人の目がつきやすい場所なので、重点的に掃除するのをおすすめします。
掃除が苦手な方はハウスクリーニングの利用を検討する方法もあるでしょう。
カビや水垢など汚れが落ちにくい場所のみハウスクリーニングを利用すれば、費用も抑えられるでしょう。

物件情報をまとめておく

不動産会社へ伝えるべきアピールポイントがあるかをあらかじめまとめましょう。
たとえば駅から自宅までの距離が近い、スーパーマーケット、コンビニエンスストアが近くにあるといった立地条件が良い物件はプラスの評価となります。
マンションの場合、方角や階数が査定価格に影響するでしょう。
アピールポイントがあれば、不動産会社へ積極的に伝えたほうが良いです。
注意点として、プラスの情報だけでなくマイナスの評価も忘れず伝えましょう。
マイナスの部分を隠して売却活動した場合、契約不適合責任となる可能性があります。

まとめ

訪問査定とは実査定とも呼ばれており、不動産会社が直接家を訪問して、建物の状況を調査して査定する方法です。
結果に時間がかかる場合がありますが、机上査定よりも査定価格の精度が高いのが特徴です。
査定前は室内を清掃して、必要書類を用意しながら物件情報をまとめておきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
【FReeYで家を売る時の流れ】





社名:株式会社FReeY(フリー)

代表者名:福田 善行

所在地:〒669-1514

兵庫県三田市川除140番地

E-Mail:free-dom@freey.co.jp

TEL:079-562-3390

FAX:079-562-3391

営業時間:09:00~21:00

事業内容:不動産仲介業(売買、賃貸)、不動産管理、戸建・宅地分譲事業、不動産コンサルティング、リフォーム・リノベーション事業、各種保険

自動車関連事業(新車・中古車販売、買取等)

カフェ店舗(FReeY Cafe)

定休日:水曜日

”不動産のこと”おすすめ記事

  • 不動産売却にはどんな詐欺の手口がある?対策や相談窓口を解説!の画像

    不動産売却にはどんな詐欺の手口がある?対策や相談窓口を解説!

    不動産のこと

  • 不動産売却でよくある悩みは?不安を解消するための解決方法をご紹介の画像

    不動産売却でよくある悩みは?不安を解消するための解決方法をご紹介

    不動産のこと

  • 不動産を割賦販売で売却する方法はある?メリット・デメリットを解説!の画像

    不動産を割賦販売で売却する方法はある?メリット・デメリットを解説!

    不動産のこと

  • 不動産売却のセカンドオピニオンとは?必要性やおすすめの人についての画像

    不動産売却のセカンドオピニオンとは?必要性やおすすめの人について

    不動産のこと

  • 外国人に不動産売却をするケースが増えている理由!メリットや流れについての画像

    外国人に不動産売却をするケースが増えている理由!メリットや流れについて

    不動産のこと

  • 空き家の新しい活用方法!「空き家アート」のメリットや事例について解説の画像

    空き家の新しい活用方法!「空き家アート」のメリットや事例について解説

    不動産のこと

もっと見る

トップへ戻る