空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットについても解説!

不動産のこと

空き家を活用したシェアハウスとは?メリットやデメリットについても解説!

空き家を所有していて活用したいけれど、賃貸物件として出しても、借り手が見つからないかもしれないと不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
近年は、空き家をシェアハウスとして貸し出す活用方法も注目されています。
この記事では、シェアハウスとはどのような仕組みなのか、メリットやデメリットについても解説していきますので、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家を活用したシェアハウスとは?

空き家を活用したシェアハウスとは?

一般の賃貸物件との違いがわかると、自分の所有している空き家がシェアハウスの活用に向いているか判断できます。

シェアハウスとは? 将来性はあるの?

シェアハウスとは、複数人が住むことを目的とした賃貸住宅のことです。
各自が自分の部屋を持ち、バスルーム、トイレ、キッチンなどの共有スペースは、その住居に住む全員が使用します。
また、家族で借りるのとは異なり、見知らぬ人同士が一緒に暮らします。
全員で1つの家賃をシェアするため、家賃を抑えることができ、入居者にとっては費用面が魅力のひとつと言えるでしょう。
シェアハウスはまだあまり一般的ではなく、需要と供給のバランスが取れていない状況です。
急激な需要の上昇というわけではありませんが、一定の需要はあるため、今後も供給が増えることが予想されます。

ゲストハウスやルームシェアとの違いは?

似た仕組みに、ゲストハウスやルームシェアと呼ばれるものがあります。
ゲストハウスとの違いは、賃貸する期間の違いで、最近の日本では、長期賃貸住宅をシェアハウスと呼び、短期で貸し出す宿泊施設を、ゲストハウスと呼ぶのが一般的です。
また、ルームシェアは、友人や知人など関係者が相互にルールや家賃を分担する仕組みです。
一方、シェアハウスは、管理者が生活ルールや家賃の分担を決め、入居者が個別に契約を交わすことになっています。
しかし、日本以外では同じ仕組みでありながらゲストハウスと呼ばれるものもあれば、ルームシェアと同じような内容のものもあるため注意しましょう。

空き家対策の例

シェアハウス以外の空き家対策の例として挙げられるのが、生活に困っている方のためのシェルターに活用する方法です。
生活困窮者の人たちが1人で暮らせるように改装した個室シェルターとして提供し、シェルターから、安定した住まいへ移住した方もいます。
シェルターとしての役割だけではなく、広いキッチンが完備されてあった物件では、キッチンを子どものクッキングサロンとして使おうという動きがありました。
このプロジェクトは、空き家を若者向けのシェアハウスにするだけでなく、子ども達に新しい居場所を提供する目的もあります。
空き家は利用次第で社会貢献の場となり得ることがわかります。

空き家をシェアハウスとして活用するメリット

空き家をシェアハウスとして活用するメリット

仕組みはわかりましたが、活用するとどのようなメリットが得られるのでしょうか。

収益性が高い

空き家は、所有していると固定資産税などの税金や修繕費などの費用がかかります。
しかし、家賃収入を得ることができれば、それらの費用を賄うことが可能です。
通常の賃貸物件に比べると、居住する入居者ひとりひとりに貸し出して家賃を得ることができるため、賃料収入が高くなります。
収益性が高いことは、魅力のひとつと言えるでしょう。
また、キッチンや、お風呂などの共有施設を設けることができ、同じ面積でも多くの部屋数を確保することができます。
さらに、修繕などの工事をおこなった際に、一般的な賃貸物件よりも家賃を値上げしやすい傾向にあります。

空室リスクが下がる

一般的な賃貸住宅では、入居者が退室すると、新しい入居者が決まるまで収入源がないのが普通です。
しかし、シェアハウスでは、複数の入居者が個々で契約しているため、そのうちの一人が退去しても、他の住人の収入が入り続けます。
このような違いから、シェアハウスでは誰かが退去して家賃収入がなくなる空室リスクが通常の賃貸物件より低いことがわかります。

入居率が上がる可能性がある

空き家を一棟貸す場合、ターゲットとなるのはファミリー世帯です。
しかし、場所やニーズがファミリー層に向いていない物件だった場合、入居者を見つけるのが困難です。
シェアハウスは借りる側にとって費用が抑えられるため、単身の20代〜30代が多い傾向にあります。
そのため、ターゲット層を変えて入居率を上げることも可能です。

長期の入居が期待できる

賃貸経営は、入居期間が長ければ長いほど、安定した収益が得られるのが特徴です。
現状、需要はありますが、シェアハウスとして借りられる物件は少ないため、長期の入居が期待できます。
このような現状を踏まえ、シェアハウスとして活用すれば、安定的な家賃収入を得られる可能性が高くなります。

空き家をシェアハウスとして活用するデメリット

空き家をシェアハウスとして活用するデメリット

メリットとデメリットの両方で考えた場合、所有している空き家の活用方法が向いているのかがわかります。
また、デメリットについて理解しておくことで、事前に対策を考えることができるため、シェアハウスの活用を考えている方は参考にしてみてください。

入居者の間でトラブルが起きやすい

バスルームやキッチンなどの共有設備があるため、同居人同士の意見の相違が起こりやすく、トラブルに発展してしまう可能性が高いです。
また、トラブルが起きた際に、他人同士なので当事者間で解決することが難しく、所有者にクレームとして伝えられる場合もあります。
入居者のクレームだけでなく、騒音などで近隣から苦情を受けることもあります。
トラブルが起きやすいと、クレーム対応をしなければいけない事も多いためデメリットと言えるでしょう。

管理の手間とコストが増える

共有スペースのルールが守られなかったり、清掃が行き届かなかったりすると、通常の賃貸住宅よりも管理に手間がかかる可能性があります。
また、入居者の間でトラブルが発生する可能性もあり、問題が発生した場合、解決するために労力がかかり、注意喚起も定期的におこなわないといけません。
管理会社に業務を委託する方法もありますが、シェアハウスの場合、一般的な賃貸物件よりも管理費が高く設定されていることが多いです。

部外者の管理

複数の人が住んでおり、入居者以外の人が一時的に来ても問題ないため、いつの間にか部外者が住み着いてしまう可能性があります。
また、入居者と部外者が入れ替わって住んでいることが、別の入居者からの連絡で発覚することがあります。
部外者が居座ってしまうと、トラブルに発展してしまう可能性があるため、気を付けて管理することが大切です。
一般の賃貸物件でも同じような問題が起こりますが、シェアハウスの場合は部外者の把握がより難しくなるためデメリットとして挙げられます。

家賃の滞納

家賃を滞納していることがわかってから、一人いないと気付く場合があります。
他人同士が住んでいるため、気づかないうちに退去されてしまう可能性があります。
残念ながら、一人の家賃滞納に対して他の入居者に責任を負わせることはできませんし、家賃をしっかり払っている入居者を退去させることもできません。
このような事態を防ぐための工夫も運営していくにあたっては必要です。

まとめ

シェアハウスは需要があり、供給が間に合っていないため空室リスクが低く、収益性があることがわかりました。
しかし、トラブルが起きやすかったり、手間や管理コストがかかってしまったりするデメリットもあります。
空き家の活用方法で悩まれている方は、シェアハウスを検討してみても良いかもしれません。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
【FReeYで家を売る時の流れ】





社名:株式会社FReeY(フリー)

代表者名:福田 善行

所在地:〒669-1514

兵庫県三田市川除140番地

E-Mail:free-dom@freey.co.jp

TEL:079-562-3390

FAX:079-562-3391

営業時間:09:00~21:00

事業内容:不動産仲介業(売買、賃貸)、不動産管理、戸建・宅地分譲事業、不動産コンサルティング、リフォーム・リノベーション事業、各種保険

自動車関連事業(新車・中古車販売、買取等)

カフェ店舗(FReeY Cafe)

定休日:水曜日

”不動産のこと”おすすめ記事

  • 空き家の新しい活用方法!「空き家アート」のメリットや事例について解説の画像

    空き家の新しい活用方法!「空き家アート」のメリットや事例について解説

  • 空き家でも浄化槽は清掃すべき?管理方法についても解説の画像

    空き家でも浄化槽は清掃すべき?管理方法についても解説

  • 不動産売却時の残置物!気を付けたいトラブルと残したまま売却できる方法の画像

    不動産売却時の残置物!気を付けたいトラブルと残したまま売却できる方法

  • 反復継続的な不動産売却とは?罰則や違反しないための対策についての画像

    反復継続的な不動産売却とは?罰則や違反しないための対策について

  • 不動産を売却すると健康保険料は上がる?計算方法や抑えるコツについて解説の画像

    不動産を売却すると健康保険料は上がる?計算方法や抑えるコツについて解説

  • アスベストが含まれている不動産でも売却は可能?トラブルを防ぐ対策も解説の画像

    アスベストが含まれている不動産でも売却は可能?トラブルを防ぐ対策も解説

もっと見る

トップへ戻る