空き家で雑草対策をする理由とは?その方法や業者に依頼するメリットを解説

不動産のこと

空き家で雑草対策をする理由とは?その方法や業者に依頼するメリットを解説

所有している空き家の庭に伸び放題となった雑草があると、近隣住民からのクレームやトラブル発生の原因となる場合があります。
しかし定期的に通って草むしりや掃除などの管理ができない方も多く、雑草対策には頭を悩ますところでしょう。
ではなぜ雑草対策が必要なのか、その理由について、また具体的な対策方法や業者へ依頼するメリットを解説していきます。

空き家でも雑草対策が必要な理由とは

空き家でも雑草対策が必要な理由とは

空き家に生えている雑草は法的には除去の義務はありませんが、伸び放題で放置していればさまざまな問題やトラブルが生じる可能性があります。
そのため空き家であっても雑草対策が必要で、その理由としてまずは景観を損なう恐れがあり、街全体の雰囲気や外部からのイメージに影響が出てしまうのです。
せっかく周りの住民が庭や家の手入れをして綺麗な状態を保っていても、1軒が放置されたままで草が生えっぱなしになっていれば、やはり見た目も悪く問題なわけです。
また庭が草で覆われているとゴキブリやムカデ、ハチなどの害虫が発生しやすくなり、近隣の住宅にも入り込んでいく可能性が考えられます。
ほかにもイタチやヘビなどの小動物がそこを棲み処にして、繁殖する恐れもあり、こちらも近隣住宅への実害が懸念されます。
さらに雑草が目隠しとなり、不審者が侵入してそこに住み着くケースも少なくはなく、その場合は生ごみの悪臭やそこからハエなどが大量発生する心配もあるわけです。
不審者の侵入は1人ではなく数人のケースもあり、その場合、空き家で違法な取引や監禁などの犯罪がおこなわれる危険性もあります。
次の理由ですが、やはり雑草が目隠しとなり、粗大ごみや産業廃棄物などの不法投棄場所として使われる恐れがあるのです。
この場合、何度も不法投棄が繰り返された挙句、庭に粗大ごみが散乱する事態になれば、その処理は所有者がおこなわなければならず、費用ももちろん所有者負担となります。
空き家の雑草対策が必要となる理由として、ほかにも住宅の劣化の原因となることもあり、これは植物がもたらす湿気が大きく関係しているのです。
湿度が高いとカビが発生しやすくなり、住宅を支えている基礎部分や柱、梁などの木材が腐食していく心配があり、それが進むと耐震性にも問題が出てきます。
また湿気はカビだけでなく、シロアリの発生ももたらし、こちらも基礎部分や柱など建物の根幹から食い荒らされていき、最悪なケースでは倒壊も考えられるのです。
こうして空き家の劣化が進んでいくと、行政から特定空家に指定されるリスクもあり、指定されると改善を求められ、従わなければ強制解体や過料が課せられます。
その行政によるペナルティとしてもう1つ、自治体のなかには雑草などの除去に関しての条例を定めているところもあり、こちらも従わない場合は勧告や過料などが課せられます。

▼この記事も読まれています
実家を売却する際に本籍地は変更する必要があるのか?その手続き方法とは?

空き家で伸び放題になっている雑草の対策方法

空き家で伸び放題になっている雑草の対策方法

本来であれば、こまめに空き家に通い草むしりをしたり、室内は窓を開け換気をしたり掃除をしたりするのが好ましいですが、現実はそう簡単ではないのです。
空き家から遠くに住んでいたり、仕事が忙しいなど、現地へなかなか足を運べない方にとって、この問題は意外と面倒で大きなものなのです。
では、なるべく手がかからず効果も比較的長い対策方法ですが、まずは砂利を敷く方法で、ホームセンターなどで手頃な価格で販売されています。
植物は日光が当たって成長していき、逆に言えば日光を遮ってやれば成長しにくくなるため、砂利で地面を覆ってやれば日光を浴びられなくなるのです。
ただそこを歩いて砂利が動き、日光が地面に差し込むとすきまから生えてくるうえ、雑草自体強いものであるため、完全に生えてこないとは言い切れません。
次の対策としては、防草シートで地面を覆う方法で、これだと砂利の場合と同様に日光が遮断できるため、生えにくくなります。
植物が成長する条件には日光と水、二酸化炭素があり、そのすべてをシャットアウトするのは無理ですが、そのうちの日光だけでも遮断すれば植物は育ちません。
日光を遮断する割合を遮光率と言いますが、光合成を止めるためには99.5%以上の遮光率が必要なため、購入の際はその点に注意が必要です。
そして、もっともポピュラーな対策方法が除草剤で、タイプとしては液体タイプと粒剤タイプがあり、それぞれに特徴があるため用途に応じて使い分けましょう。
液体タイプは原液を希釈してそれを葉や茎に直接散布して使うもので、特徴としては即効性があり、すぐに効果がほしいときにおすすめです。
これに対し粒剤タイプは土に混ぜ込んで使い、こちらは生えているものを枯らすタイプではなく、生えにくくするために撒くものです。
この粒剤タイプは土の中に混ぜ込むため、持続性があり予防効果は高いのですが、逆にその持続性により、そこで他の植物を育てるときには注意が必要となります。
ほかにもグランドカバーといった方法もあり、これは地面を植物で覆うようにしてほかの植物が生えてくる隙間をなくすといった方法で、代表的なものが芝生やハーブです。

▼この記事も読まれています
不動産を売却するとき庭の植木は処分する?それとも残す?

空き家の雑草対策を業者に依頼するメリット

空き家の雑草対策を業者に依頼するメリット

空き家に限らず自宅や学校、職場において草むしりや除草剤の散布などをした経験を持つ方は少なくないはずですが、よくよく考えるとそこにはリスクが潜んでいるのです。
雑草が勢いよく伸びる季節は暑い夏で、この時期に屋外で地道に草むしりなどをしていると、熱中症になるリスクが大きくなります。
また足や腰にも負担がかかるため、ぎっくり腰や腰痛の直接的な原因にもなり、身体的に大きなリスクを背負う作業とも言えるのです。
そのうえ、草むらにはヘビやハチ、アブなど人間に危害をくわえる虫や動物が隠れているうえ、草刈り機を使う場合は刃でケガを負う恐れもあります。
つまり、わざわざ危険を冒してまで自分で雑草対策をおこなうのではなく、業者に依頼するのも選択肢の1つとして考えた方が良いわけです。
では業者に依頼するメリットをいくつか挙げていきますが、まずは先述の熱中症や虫、腰痛などのリスクを回避できるといったものがあります。
また除草剤を使うにも、使用方法を間違えると危険ですし、砂利や防草シートも庭の用途や形状によっては使えないケースもあります。
その点、業者に依頼すれば熱中症や刃物でのケガの心配もなく、どのような庭であっても適切な処置をして効果の高い除草をおこなってくれるわけです。
また自分で草むしりをすると、後には大量の草がゴミとして出てしまい、燃えるゴミとして出したり土に埋めたりなどの処理方法もありますが、いずれにせよ重労働です。
しかし業者に依頼すれば、雑草の除去による大量のゴミも回収してくれ、さらに業者によっては庭にある不用品の回収もおこなってくれます。
業者に依頼するメリットとしてもう1つ、費用はかかりますがその分手間と労力が省けるため、生活や仕事に支障をきたさないのも大きな魅力と言えます。

▼この記事も読まれています
事故物件の告知義務違反とは?新たなガイドラインの基準

まとめ

自宅の庭であっても雑草はすぐに生えてくるもので、ましてや空き家ともなるとすぐに生い茂ってしまいます。
ただ、そのままにしておくとさまざまなトラブルに巻き込まれる恐れがあるのです。
定期的に通って管理ができれば良いですが、できないのであれば防草シートなどの雑草対策や業者への依頼をおすすめします。

【FReeYで家を売る時の流れ】





社名:株式会社FReeY(フリー)

代表者名:福田 善行

所在地:〒669-1514

兵庫県三田市川除140番地

E-Mail:free-dom@freey.co.jp

TEL:079-562-3390

FAX:079-562-3391

営業時間:09:00~21:00

事業内容:不動産仲介業(売買、賃貸)、不動産管理、戸建・宅地分譲事業、不動産コンサルティング、リフォーム・リノベーション事業、各種保険

自動車関連事業(新車・中古車販売、買取等)

カフェ店舗(FReeY Cafe)

定休日:水曜日

”不動産のこと”おすすめ記事

  • 空き家の新しい活用方法!「空き家アート」のメリットや事例について解説の画像

    空き家の新しい活用方法!「空き家アート」のメリットや事例について解説

  • 空き家でも浄化槽は清掃すべき?管理方法についても解説の画像

    空き家でも浄化槽は清掃すべき?管理方法についても解説

  • 不動産売却時の残置物!気を付けたいトラブルと残したまま売却できる方法の画像

    不動産売却時の残置物!気を付けたいトラブルと残したまま売却できる方法

  • 反復継続的な不動産売却とは?罰則や違反しないための対策についての画像

    反復継続的な不動産売却とは?罰則や違反しないための対策について

  • 不動産を売却すると健康保険料は上がる?計算方法や抑えるコツについて解説の画像

    不動産を売却すると健康保険料は上がる?計算方法や抑えるコツについて解説

  • アスベストが含まれている不動産でも売却は可能?トラブルを防ぐ対策も解説の画像

    アスベストが含まれている不動産でも売却は可能?トラブルを防ぐ対策も解説

もっと見る

トップへ戻る